意外にも最大の織地はイタリアだったキウイフルーツってどこから来たの?

もはや、日本で「キウイくだもの」と言えばニュージーランド産の有名な「ゼスプリ・ゴールド・キウイフルーツ」です。「ゼスプリ氏」というクセも存在し、インターネット買い出しで「ゼスプリ氏」のぬいぐるみを販売しているほどです。

但し、「キウイくだもの」と言えばニュージーランド産としていたら、事情究極郷里はイタリアでした。2周辺が中国、3周辺がニュージーランドです。

元々は中国が原産地でした。「マタタビ科マタタビ属」のつる性植物で、中国では漢方薬として利用されていました。一際計画的な進展をすることもなく区分け改良もしていませんでした。

1906ご時世に中国を訪れたニュージーランドそれぞれが「キウイくだもの」を持ち帰り、「チャイニーズ・グースベリー」として広まりました。 中国ではかねてからものが知られ利用していましたが、区分け改良されたのはニュージーランドに来てからでした。

それから50ご時世後の1956ご時世、ニュージーランドから米へ輸出されましたが、朝鮮合戦の影響を受け、アメリカ合衆国センター結び付きが決して望ましくなかった結局、「チャイニーズ・グースベリー」ではなく、ニュージーランドの国鳥「キウイバード」に因んで1959ご時世「キウイくだもの」に称号を変更しました。「キウイくだもの」の語源は諸説あり、「国鳥は結び付きが無い」という情報もあります。

日本には1960コースにニュージーランドから輸入され、ミカンの挑戦作物としてミカンの郷里を中心に盛んになりました。今では国内出来高が増やし、創出過剰な傾向にある結局高品質な結実を生み出すなど、区分け改良して残る身上もあります。アシドフィルス菌