様々な紐によるフリンジで作っるハンドメイドアクセサリー

近頃、よく聞く教訓になってきましたがハンドメイドアクセサリーを10種別ほど嗜好で作って来る。
わけはアジアンプロダクト屋ちゃんに売っていた麻紐を購入し平編みという方法でブレスレットの製法を教わったのが前書きでした。
ある時、道の老舗の手芸屋ちゃんのワゴンセールでカゴいっぱいに入ったシルクのミシン糸を発見した。大分眩しいコントラストのミシン糸がたくさんあり値段も一環500円から100円になっていたので試しに購入しました。以前からページやお店でフリンジの望ましいかざりを見極める事があったので、この機会にと思いチャレンジしてみました。
細い糸だったので何十に巻いても小ぶりなフリンジになってしまう果実、短めに切って小さなピアスにしました店美しくでき、周りに大評判だったので喜ばしくなり先、見つけることにはまってしまいました。
他にも刺繍糸をつぎ込み単色やブレンド色調などでシンプルなアイテムからコットンパールやゴールドチャームなどを合わせて大ぶりのピアスを作ったり巡回を繋げてネックレスを作ったりしています。
紐によって心情も繋がるので、ちょっと厚みのある毛糸や使い古したTシャツでヤーンを形づくりことなる資材を合わせてフリンジを出しバックチャームなどにして、シンプルなバックに個性を付け足しながら楽しんでいます。
これからも日頃で使用している資材や使わなくなったものをアレンジして、個性的でオシャレなフリンジアクセサリーを作っていきたいです。ストレピアのサンプルあるって本当?