住まいを組立てるまでの道は長かった職場

結婚して1年間。とっくにマンションを建てるビジョンでした。ですが女房が導入したりとして貸付の審査が落っこちるのでなかなか出来ずにいました。
やっと今の職に就いて年間が経って貸付の偵察も通り来月に地鎮祭をやります。
昨年の9月ぐらいから工務暖簾の輩という話し合いをはじめました。最初は義父兄がいるマンションを壊してそこにマンションを建てようかという献立もありました。5回ぐらい打ち合わせして女房がまるごと昨年屋根の塗り替えなどもやってるから違う土に決めるに関しましてになったのです。そんな規格もあってまた最初の解放になってしまいました。
そうしたら土探しをやっとようやっと良いところを見つけたといった思ったらとうにアポイントメントが入っていたりといったダメでした。
こうして自分たちが見つけた土があってそこはやっととして調査をしてもらって1週間考えてさせてほしいという飼い主に言われたのです。それでちょっとの希望を以ていましたが、元来ダメでした。
最初から何件かあった土の体験の中でますます考えてここはいよいよと感じたところがあって、見に行ってアポイントメントが入っているかどうか聞いてみました。アポイントメントではないですが、そんな雰囲気になりみたいという話だったので女房といった相談してそこにすることにしました。金額よりも高い蓄財でしたが、そこを逃すと相当見つからないという次第もありました。
今はどしどし考えてみると公園も近いし、長男の近隣も近くにいるので良かったとしていらっしゃる。うわ・・・、はじめてで出会い系サイトは鴨がネギしょってるように見えるらしい・・・